WiFiスポットが増加中!でも、おすすめしない理由

WiFiスポットは無料のものから有料のものまで種類も豊富にあります。基本はキャリアやプロバイダーのオプションサービスになっています。WiFiスポットさえあればWiFiルーターの出番はないと思われるかも知れませんが、そうはいきません。

WiFiスポットの残念なトコロ

有料でも月に300円程度しかかかりませんが、WiFiスポットの名前の通り、使える場所に行かなければいけません。
飲食店に入れば当然何か頼まなければならないので、出費もかさみます。また、使えたとしても、WiFiスポットを利用する人が沢山いれば速度は当然低下します。無料のものなら尚更です。セキュリティ面でも無料タイプはおすすめ出来ません。

加入するサービスによって使えるスポットが変わってくる

WiFiスポットのサービスによって使えるファストフード店などが変わってきます。出先で一々使える場所を探すのも手間がかかります。勘違いして入店した後に実は使えなかったとなれば倍ショックです。防ぐには複数のWiFiスポットサービスに加入するしかありません。手間も費用もかさんでしまいます。

 

実は使えないのはWiMAXにもある問題です。WiMAXは特に屋内の電波が弱いので、都市部であっても、雑居ビルに入っている飲食店なんかは電波が入らないことが多いです。

WiFiルーターなら電車でも車の中でもOK

電車の中はキャリアのWiFiサービスが使えますが、これはめちゃめちゃ遅いです。特に東海道新幹線はビジネスマンが多いので、まず速度が出ません。新幹線社内で快適にネットを使うならWiFiルーターは必携です。

 

あとは営業マンで車で営業先を車で回っている人は多いと思いますが、WiFiルーターがあれば車内で他人を気にすることなくネットが使えます。