スマホをWiFiルーターで運用する際の2つのポイント

最近ドコモが3日間で1GBの制限をしなくなったことが判明しましたが、相変わらず全キャリアで月7GBの上限が決まっています。アプリやOSのアップデートや動画を観ることで上限にはすぐ達してしまいます。一度は速度制限の経験をしたことがあると思います。それなら一層料金プランを2GBぐらいのに下げてWiFiルーターで運用してみてはいかがでしょうか?とは言ってもWiFiルーターでスマホを運用する上で注意点が2つあります。

WiFiルーターは制限が無いものを選ぶ

当然と言えば当然ですが、肝心のWiFiルーターが制限ありのものではスマホを気兼ねなく使えません。今まではWiMAX以外はすべて7GB制限で追加料金が必要でしたが、ワイモバイルでは305ZTの登場でLTE初の定額無制限となりました。

WiFiルーターのエリア(屋内含む)が広い

意外と軽視されがちなのがエリアです。私はWiMAXとワイモバイル両キャリアを使用していますが、屋内の繋がりが全然違います。WiMAXは出先でちょっとしたカフェや飲食店に入ると高確率で圏外か弱電で使えないことが多いです。その点ワイモバイルはソフトバンクのネットワークまで使えるので、まず使えないことがありません。スマホの料金の節約や使い勝手を上げるためにWiFiルーターで運用するのに、WiFiルーターが使えなければ本末転倒です。

今こそスマホ運用はワイモバイルのWiFiルーターですべき

すでにWiMAXのWiFiルーターでスマホ運用をしている人も、これからスマホ運用を検討している人にも使えるエリア(屋内)が広くて制限無しのワイモバイルを自信を持っておすすめします。もし、周りにWiMAXユーザーがいたら外出先の繋がりやすさを一度聞いてみてください。自宅では使えるけど出先はちょっと…という回答が多いと思います。ワイモバイルが無制限キャンペーンを実施中のうちに乗り換えを強くおすすめします。