契約の縛りが無い方が良いに決まっているけど…

ワイモバイルに限らずWiMAXやドコモやソフトバンクでもWiFiルーターは基本2年契約になっています。縛りが無い方が良いのは分かりますが、はたしてお得なのでしょうか。

 

ワイモバイルでは年契約無しで契約出来るプランがありますが、2年契約プランと比較してトータルのコストとお得さを調べました。

 

月額料金

料金プラン名 月額
Pocket WiFiプラン+(ベーシック) 7,500円
Pocket WiFiプラン+(にねん) 3,696円

 

まずご覧のとおり圧倒的に料金が高いです。年間契約の縛りがないベーシックはおトク割という月額割引の適用が受けられません。したがって、ベラボーに高い金額になっています。ひと月あたり3,804円も差があり、2年トータルで91,296円も差が出ます。また、差が出るのはこれだけではありません。

WiFiルーターの割引も効かない

携帯電話と同じで、2年契約をすることでWiFiルーター本体代金分と同額を月額料金から割引して実質0円となっています。それがベーシックにしてしまうと割引が一切効かなくなります。たとえば最新機種の305ZTなら本体代金で42,000円がかかります。しかも最初に一括で支払う必要があります。

解約料金の違い

ベーシックは本体代金を一括で支払うのと年契約では無いので、いつ解約しても違約金は発生しません。にねんの方は途中で解約した場合は機種代金の残りと9,500円が違約金として発生します。たとえば305ZTなら1,750円×契約の残り月分+9,500円となります。

まとめ

上の月額料金の差額分と合算すると2年トータルで133,296円もの差が出ます。はっきり言ってベーシックプランで契約するメリットはありません。初期費用がかなりかかる、月額のランニングコストもめちゃくちゃ高いと悪いところだらけです。すぐに解約したとしても、2年契約の方がお得になります。おとなしく2年契約をおすすめします。