ワイモバイルで使用するネットワークは2社

ワイモバイルでは旧イー・モバイルのLTEと3GとソフトバンクのLTE(ソフトバンク4GLTE)とAXGP(ソフトバンク4G)が使えます。※使用する機種によって対応するネットワークが変わります。

使用するネットワークで通信速度が異なる

旧イー・モバイルのLTEは下り最大75Mbpsで、3Gは最大21Mbpsとなっています。
ソフトバンクのLTEは下り最大112.5Mbpsで、AXGPは下り最大165Mbpsとなっています。

ネットワークの選択は不可

WiFiルーターを使用するエリアで使えるネットワークが複数あっても、ユーザー側で使用するネットワークを手動で選択することは出来ません。WiFiルーターの選択に任せるしかありません。

通信速度が速いのはソフトバンクのAXGP

現在305ZTが唯一下り165Mbpsに対応していますが、これは上にもあるようにソフトバンクのAXGPによるものです。AXGPは速度は速いですが、使用している周波数帯がWiMAXと同じ2.5GHz帯なので、屋内に弱いという弱点があります。

 

イメージとしてはソフトバンクのAXGPとLTEにまず繋がって、電波が入らなければ旧イー・モバイルのLTEでカバーする感じです。

LTEエリア外はイー・モバイルのG4エリア

いわゆる3Gと呼ばれるものですが、下りは最大で21Mbpsになります。エリアのLTE化が進んでいるのであまり出番がありませんが、LTEエリア外の速度は21Mbpsになります。