新規格に対応した初のWiFiルーターが305ZT!

305ZT

CA対応で下り最速165Mbpsに

CA(キャリアアグリゲーション)と言って異なる周波数帯を束ねて利用することで、今までに無い下り最大165Mbpsまで速度が上昇しました。(今までのワイモバイルの最速は下り110Mbpsになります)CA対応エリアはまだまだ狭いですが、どのWiFiルーターを選んでも2年契約であることは変わらないので、速い方が良いに決まっています。

11acに対応

パソコンを無線LANで繋いだことがある人なら無線の規格でbやgや11nなどを耳にしたことがあるかと思います。
305ZTでは最新の11acに対応していて、これは上の規格の周波数帯が2.4GHzに対して5GHzとなっており、家の中にある他の家電製品と干渉しにくい規格になっています。意外に思われるかも知れませんが、2.4GHzは電子レンジやコードレス電話と同じ周波数帯なので、近くで使用すると速度が遅くなったりします。

キャンペーンが見逃せない

一番の魅力と言って過言でないのがこのキャンペーンです。305ZTでは通常月7GB使用すると利用制限が入り、速度が128kbpsに制限されます。元に戻すには500MBごとに500円を払う必要がありましたが、ただいま2年間追加料金無しで制限を解除できるキャンペーンを実施中です。固定回線の代わりに使う人や動画をガンガン見る人にとっては嬉しいキャンペーンです。